平凡社地図出版

平凡社地図出版

お知らせ

information

  • 第13回教育ITソリューションEXPOは無事終了いたしました。弊社ブースへお越しの皆様、本当にありがとうございました。今後準備でき次第コラムでの会期中の紹介や、学習地図ライブラリコーナーでのブース放映動画の公開などを予定しています。 <2022.05.16>
  • 外務省のウクライナ首都呼称変更表明により話題となっている同国内の地名表記に関して、4月1日フジテレビ・共同通信社より、4月5日東京MXテレビより、それぞれ取材をお受けしました。 <2022.04.05>
発注なんかしたことない、という方
オーダーメイド MAP GALLERY
学習地図ライブラリー

基本図と編集図

地図を作製する分野は幅広いです。何しろ大きな地球を一枚に描いてしまうくらいですから。地図は大きく2種類に大別されます。「基本図」と「編集図」です。

基本図と編集図

まず「基本図」とは、現地を測量して、その実数値をもとに地図化したものです。我が国では国土地理院の地形図や1/2500国土基本図、地方自治体の基本図などがそれに当たります。測量を基本としたベーシックな地図で、図の表現も統一されており、縮尺も大縮尺になります。

基本図の例。国土地理院1/2万5000地形図「東京西部」令和3年7月1日発行より抜粋

一方「編集図」は前者の測量成果を使用して、製作目的によって縮小したり、取捨選択したり、加筆やデフォルメも行います。

編集図の例。上記地形図とほぼ同じ範囲を、弊社地図帳1/2万都市図から抜き出し加工したもの

編集図で重要なことは、いかに目的に適った内容に編集して表現するかにかかっています。言い換えると基本図は「画一的」、編集図は「多面的」とも言えます。例えば100人が別々に同一地域の地図を作製したら、基本図は1種類の図しか出来ませんが、編集図は100通りの地図が出来てしまうかもしれません。その中で目的に一番近い図が良い地図と言うことになります。編集図の製作はクリエイティブな世界と言えます。そこに「地図製作の魅力を感じられたら」と思っております。

地図更新に関する話題・ニュースなど

日々、地図製作のために新聞から収集している情報の一部を要約して紹介・掲載しています。

電話からお問い合わせ

tel

お気軽にお電話ください

03-6265-3821

お問い合わせフォーム

contact

*全項目が必須入力となりますので、ご記入よろしくお願い致します。